ハワイ挙式

ハワイ挙式の費用を相場より57万円も格安にできた3つの理由

この記事では、私たちがハワイ挙式の費用を相場より57万円も安くできた3つのポイントを徹底解説致します!

結婚式ってお金がかなりかかりますよね・・・
最初は安く抑えようとしても、あれよあれよと積み重なって、結果とんでもない見積もりになったりしませんか?

私たちはハワイで挙式をするのが夢でした。

ハワイで挙式をするんだったら、海の見えるホテルに綺麗なチャペル、ビーチフォト・・・etc
やりたいことはたくさんです。

ただ、一度ワタベウェディングで見積もり依頼をしたら、とんでもない金額に笑

でも、夢であるハワイ挙式、けちって我慢するなら、全部やりたい!

そこから約1年半をかけて、様々な工夫をして相場208万円から57万円も抑えた151万円でハワイ挙式を実現させました!

keta
keta
もちろん旅費も込々。そんなに安いと、ホテルとか式をしょぼいのにしたんじゃないって思っちゃいますよね。
mata
mata
ですがそんなことはありません。こちらの記事で、質を落とさずに満足できるハワイ挙式にするために、私たちが実践したポイントをご紹介します。
【内訳付】結局いくらかかるの?ハワイ挙式で掛かった費用の全てについて【まとめ】ハワイ挙式がしたいなーと思ったときに、一番最初に気になるのが、ハワイ挙式って結局いくらかかるの!?だと思います。 ゼクシィ等を見ま...

ハワイ挙式の費用について

ハワイ挙式の費用を考える際に、そもそもどんな費用が掛かってくるかをご説明します。

その際に、必ず掛かる費用と、オプションで追加する費用とを分けて考えるのが大事です。

必要費用

ハワイ挙式で必ず掛かる費用は以下のものがあります。

  • 航空機代
  • ホテル代
  • 挙式料金
  • ドレス、タキシード代(レンタルor購入)
  • ハワイでの食事代等の滞在費

挙式料金には、施設利用料金、牧師、音楽奏者への謝礼等が掛かってきます。

オプション費用

オプションで追加する費用はこちら。

  • メイク
  • ブーケ
  • アルバム製本
  • ムービー
  • フォトツアー
  • レセプション

上記であげたオプションはあくまで例であって、希望があれば更に増えていきます。

費用を抑えるために最初にすること

それでは、ハワイ挙式の費用を抑えるためには、まず自分たちがハワイでどんなことをしたいかを考えましょう。

そしてやりたいことが明確になったら、国内プロデュース会社に行き、どれくらいの見積もりになるかを知りましょう。

keta
keta
できる、できないに関わらず一度やりたいことを全部リストにしてみましょう!
mata
mata
まずは最初に、どれくらいの金額になるのかを知るのが大事です!
  • 一度、やりたいことを全部リストにする!
  • ワタベ等の国内プロデュース会社に行き、見積もりを貰う!

参考:私たちのやりたかったハワイ挙式

参考として、私たちがハワイでやりたかったことです。

  • 飛行機はエコノミーで良いから、ハワイアン航空。
  • ホテルは絶対オーシャンビュー、それなりのランクのホテルに。
  • 海の見えるチャペルで挙式。
  • 来てくれた家族のためにレセプション。
  • ビーチフォト
keta
keta
上記の内容でワタベに見積もりを依頼をしたら、それだけで予算オーバーに。
mata
mata
それでもせっかくのハワイなので、どうにかならないかと一生懸命考えました。

その結果、私たちは唯一海の見えるチャペルでの挙式だけ諦めましたが、それ以外の希望は叶えることができました!

keta
keta
チャペルじゃないけど、セントラルユニオン大聖堂という歴史ある教会で挙げることができました。
mata
mata
ビーチフォトやレセプションも質を落とさないことに成功!更に当初の予定にないホテル内撮影も追加でできました。
ザ・カハラ_1ザ・カハラ_1
ザ・カハラ_2ザ・カハラ_2
ビーチフォト_1ビーチフォト_1
ビーチフォト_2ビーチフォト_2
セントラルユニオン_1セントラルユニオン_1
セントラルユニオン_2セントラルユニオン_2
オーキッズ_レセプション_1オーキッズ_レセプション_1
オーキッズ_レセプション_2オーキッズ_レセプション_2

 

やりたいことをリスト化できたら

ハワイでやりたいことをリスト化して、国内プロデュース会社から見積もりを貰った感想はどうでしょうか?

  1. 意外とこれくらいなら大丈夫!
  2. やばい・・・思った以上にお金が掛かる・・・
keta
keta
1番であればおめでとうございます!是非ハワイ挙式を楽しんでください。
mata
mata
2番であっても大丈夫!これから費用を抑えていく3つのポイントをご紹介します

ハワイ挙式を格安にする3つのポイント

ハワイ挙式を格安にするポイントは3つあります!

  • プロデュース会社
  • レセプション
  • アルバム製本
keta
keta
それぞれを解説いたします。

プロデュース会社

ハワイ挙式を成功させる上で、最も重要なのがプロデュース会社です!

でも知ってましたか?
実はハワイ挙式のプロデュース会社って、日本国内だけでなく、ハワイ現地にもあるんですよ。

  • ハワイ現地のプロデュース会社に依頼する!

現地プロデュース会社のメリット

現地プロデュース会社の最大のメリットは、各種オプションが安い!という点です。

一生に一度の殺し文句で、あれもこれもとオプションを追加したくなりますよね。

keta
keta
でもいざ見積もりを見て、やばいっと思っても、今更後に引けずずるずると・・・

国内プロデュース会社と比較して、特にフラワーや特注のブーケが激安でした。

keta
keta
安いから少し不安でしたが、素敵なブーケに両手で持ちきれないくらいのフラワーの量でした。
mata
mata
様々なプロデュース会社を調べましたが、「RGBハワイ」が費用、写真等も考慮してお勧めです。
  • 現地プロデュース会社「RGBハワイ」は全体的にオプション費用が安め。
  • 挙式撮影、ビーチフォト、リムジンが付いているRプランがお勧め。
現地プロデュース会社は怖い?私たちが実際にお願いした内容、費用について【ハワイ挙式】この記事では、ハワイ挙式で現地プロデュース会社RGBハワイに実際にお願いしたプラン内容、掛かった費用を紹介します。 ハワイ挙式のプ...

現地プロデュース会社のデメリット

現地プロデュース会社のデメリットは、

  • やり取りがメールのみで不安。
  • チャペルが選べない。

やり取りがメールのみで不安

正直、私たちも直前まで不安でした。
お金だけ取られて、当日何も用意されていないんじゃないかなと思ったこともあります。

現地プロデュース会社って、実際に利用した人の口コミが少ないのも不安になりますよね。

なので、参考までに実際の私たちのやり取り、掛かった費用を上のURLでご紹介しています。

RGBハワイさんは価格が比較的安価、HPに過去の実例を載せている、最後に日本人なことが選んだ理由です。

チャペルが選べない

現地プロデュース会社の一番のデメリットは、チャペルが選べないことです。

チャペルは特定のプロデュース会社が斡旋しており、現地プロデュース会社でもないことはないのですが、そういった会社はやはり費用が高めでした。

ただ、挙式会場で悩んでいるうちに、実は海の見える綺麗なチャペルって天気が良くないと写真映えしないんじゃないかな、と思ったんですよね。

私たちはだったらハワイの海はビーチフォトで撮影して、挙式は天候に左右されない教会で挙げようと考えました。

セントラルユニオンは白と真紅のコントラストがとても素敵なのでお勧めです。

【ハワイ挙式レビュー】私たちはセントラルユニオン大聖堂に決めました!その理由と教会の雰囲気の参考に!【画像付】私たちはハワイ挙式の会場をセントラルユニオン大聖堂に決めました! この記事では、チャペルとはまた違った、ハワイの美しい教会の雰囲気...

レセプション

2つ目のポイントが挙式後のレセプションです。

  • レセプションを自己手配する!

レセプションを自己手配することによって、ハワイ挙式の費用をかなり抑えることが可能になります!

国内プロデュース会社だと、一人1万円以上は最低掛かります。

keta
keta
私たちは幼児含めて全員で14名。見積もりで20万円は超えました。
mata
mata
それをオーキッズで自己手配することで、13万円に抑えられました
keta
keta
乾杯のシャンパンに、ビールをがばがば飲んでもこの値段!料理、景色は最高。

オーキッズは日本語で予約ができるので、かなりお勧めです!

オーキッズでのレセプションを個人手配!その方法とポイントについて解説します【ハワイ挙式】少しでもハワイ挙式の費用を抑えるために、オーキッズのレセプションは、プロデュース会社にお願いせず、自分たちで手配しました。予約の方法、メニュー内容等を画像付きでご紹介します!...

アルバム製本

3つ目のポイントはアルバム製本についてです。

  • アルバム製本は止めて、写真データを貰う!

実際、アルバムって必要ですか・・・?

私は、勝手に作られるアルバムに何十万も払うなら、写真データを貰って、自分の好きな写真を印刷してマイアルバムを作りたいと考えました。

keta
keta
アルバム製本をしない事によって、10~20万円も費用を抑えることが可能

国内プロデュース会社だと、写真データのみの場合、数十カットしか貰えないのが一番不満でした。

そういった考えなので、500カット以上貰える現地プロデュース会社「RGBハワイ」は良かったです。

ムービーについて

ムービーはアルバム製本より更に不要だと思います。

私の姉もハワイ挙式をし、その際にムービーも作ってもらっていましたが、ぶっちゃけ1、2回見ただけだそうです。

ドレスをレンタルにするか、購入にするか

ポイントにはあげていませんが、ハワイ挙式のみの場合、ドレスはレンタルでも購入して持ち込みでも大きな費用の差はありません。

ただ、帰国後国内で1.5次会等を考えられているのであれば、断然購入して持ち込みをお勧めします!

keta
keta
ハワイと国内で別々でレンタルは厳しかったです。
mata
mata
RGBハワイは持ち込み料が無料なのも嬉しい!

参考:帰国後1.5次会

私たちは帰国後の1.5次会も計画していましたので、ドレスを購入しました。

購入の場合、多少汚しても大丈夫という気持ちが出るのでリラックスできます。

最後に

ハワイ挙式の費用を安く抑えるには、多少我慢をしなくてはならない点も出てくると思います。

ですが、二人での今後の生活も大切です。
少しでも費用を節約できれば、浮いたお金で様々なことが可能になります。

私たちはこの記事でご紹介した3つのポイントを実践して費用を節約し、帰国後の1.5次会をすることができました。

ハワイ挙式を考えられている方に、少しでもご参考になれば幸いです。

こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です