革靴

チーニー(CHEANEY)のサイドゴアブーツを4割引きで購入しました!

入間の三井アウトレットパークでチーニー(CHEANEY)のサイドゴアブーツを購入しました。

当初、アウトレットなんて大した物ないかなと思っていたのですが、意外に掘り出し物があってびっくり!

今回購入したチーニーのサイドゴアブーツを見た瞬間、運命の出会いを感じました。

とても上質な革のチーニーのサイドゴアブーツをお披露目いたします!

チーニー(CHEANEY)とは

チーニー(CHEANEY)とは英国の歴史ある革靴ブランドの一つです。
創業者ジョセフチーニーにより、靴の聖地イギリス、ノーサンプトン州で始まりました。

伝統のグッドイヤーウェルト製法による確かな革靴は、革靴ファンには堪りません!

  • グッドイヤーウェルト製法とは、革靴の底(ソール)を縫い付ける製法。
    革靴の底を接着剤でくっつける製法(セメント製法)と比べ、非常に丈夫で長持ち!
  • セメント製法の靴とは、ドン・キホーテなどで売られている3,000~5,000円くらいの靴。

チーニー(CHEANEY)はかつてはチャーチ(CHURCH’S)という有名英国革靴ブランドのセカンドモデル的なイメージでした。

その親ブランドであるチャーチがプラダに買収され、なし崩し的にプラダ傘下になりましたが、その後チャーチの創業者がチーニーを買い取ったことで再度独立し、今日に至っています。

keta
keta
一度買収されても、再度買い戻して独立するという歴史が熱い!

購入したもの(チーニー/サイドゴアブーツ)

それでは今回購入したものを紹介します。

今回購入したものは、チーニー(CHEANEY)の「HEATON R」
知らない型番なので、恐らくセレクトショップの別注モデルですね。

チーニーのロゴ入り袋に包まれています。

とてもしっかりとした革に上品なフルブローグのサイドゴアブーツです!

keta
keta
サイドゴアを買うならプレーントゥかなと思っていたのですが、フルブローグも有りですね・・・

サイドから

  • サイドゴアブーツとは、紐の代わりに履き口の両サイドにゴム(ゴア)が施された靴。
  • 足首までしっかりとしたホールドされ、とても歩きやすいです。
keta
keta
脱ぎ履きがめちゃくちゃ楽!サイドゴアに嵌りそう・・・

上から

keta
keta
履く時に見えるCHEANEYのロゴが良い!

ダイナイトソール

チーニーの底(ソール)はダイナイトソールです。

  • ダイナイトソールはグリップ力があり、雨に強い!

購入した店

このチーニーのサイドゴアブーツは、入間にある三井アウトレットパークの「ユナイテッドアローズシューストック」で見つけました。

価格

気になる価格は、元値62,000円から4割引されて、37,200円(税抜)でした!

keta
keta
チーニーが4割引とかラッキー!とても歩きやすく革質、ブローグが上品で気に入っています。

格安の理由

今回購入したチーニー、4割引とかなり格安ですが、傷があるB級品ではありません。

店員と話して知ったのですが、「ユナイテッドアローズ」全体で残り数足になったものがアウトレットに落ちてくるらしいです。

なので、アウトレットにあるのはサイズが数点しかないものが多いです。

keta
keta
運よく丁度いいサイズなのも運命的でした!チーニーの他にジャランスリワヤも格安で売られていました。

実際に履いてみた

我が社は割とファッションは緩いので、サイドゴアブーツ全然OKです。

keta
keta
ブーツなので、普通の革靴とは印象が変わりますね。真夏は厳しいけど、それ以外なら活躍しそう。

最後に

アウトレットも意外に掘り出し物があってお勧めです。

安く買うだけならシェットランドフォックスのBグレードセール等がありますが、「ユナイテッドアローズシューストック」は正規品を安く買えるのが嬉しいですね!

私の手持ちの靴もこれで8足になってしまいました。

手持ちの靴

keta
keta
リーガル、シェットランドフォックス、ユニオンインペリアルが各1足、スコッチグレインが4足・・・我ながら増えました。

まだまだ革靴の購入欲は止まりません笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です