革靴

革靴にカビが生えたらモールドクリーナーで除去&予防しよう!使い方と効果のまとめ


革靴にカビが生えてしまった方へ。

安心してください。革靴のカビの落とし方は簡単です!

この記事ではモゥブレイのモールドクリーナーシートとスプレーを使って、自宅でできる簡単かつ効果的なカビの落とし方をご紹介致します。

誤ったカビ対策をしてしまうと、かえってカビを大量発生させてしまいます。

ぜひこの記事を見て、正しいカビ取り方法で革靴をケアしましょう!
(※この記事にはショッキングな画像がありますので、記事を見られる方は注意してください。)

革靴にカビが生えたら準備するもの

革靴にカビが生えてしまったら、この2つを準備しましょう!

【革靴にカビが生えたら準備するもの】

  • モゥブレイ モールドクリーナーシート
  • モゥブレイ モールドクリーナースプレー

モゥブレイ モールドクリーナーとは

モゥブレイ モールドクリーナーとは、除菌力が高い有機ヨードが主成分で、カビの表面を覆っている細胞膜を壊して除菌する効果があります。

  • 『ヨード』とは海藻などに含まれている天然成分で、うがい薬や医療用の消毒剤としても使われています。
  • ヨードは低濃度では塩素系よりも除菌効果が高いとされています。
  • モールドクリーナーは有機ヨードがベースのため、「高い除菌効果」と「安心して使用できる」ことが特長!

できたらマスクと手袋も用意しましょう

カビは可能な限り吸い込んだり、直接触るのは避けたほうが良いです。

そのため、革靴のカビ取りをする際は念のためマスクと手袋をすることをおすすめします。

こちらの手袋は100均で購入しました。 

モールドクリーナーの使い方

それでは実際にモールドクリーナーを利用したカビ取りの方法をご紹介致します。

今回使用するのはスコッチグレイン福袋で購入したベルオムです。

急な雨に打たれてしまい、湿気の除去が甘かったのか、革靴内にカビが生えてしまいました…
(以下にショッキングな画像がありますので、注意してください。)










keta
keta
革靴は大切に扱っていたつもりですが不覚です…
靴の先にびっしりと白カビが…泣

嘆いてばかりもいられません、このカビを綺麗に除去していきましょう!

といっても、革靴のカビの除去は簡単!
たったの2ステップで完了です!

step1:モールドクリーナーシートで見えているカビの除去

まずはモールドクリーナーシートでゴシゴシとカビを拭いていきましょう!

モールドクリーナーシートは手のひらサイズです。
ゴシゴシしましょう!

こんなに汚れが…

かなり綺麗になりました!

keta
keta
モールドクリーナーシートだけでもかなり綺麗になりました!
シートタイプもヨードがたっぷり染みこまれているので、革靴内の消毒もできています。

step2:モールドクリーナースプレーで念入りに除菌!

モールドクリーナーシートだけでもかなり除菌できていますが、更に念入りにカビ菌を除菌していきます!


モールドクリーナースプレーはしっとりとするまで噴射しましょう!

靴内にまんべんなくモールドクリーナーをスプレーできたら、風通しの良い場所で乾燥させます。

モゥブレイの公式では一週間程度放置するのを推奨しています。

  • かかとを少し上げてあげることで、靴の底面の通気性が良くなります。
  • 天気のいい日はベランダで陰干ししてあげると更にgood!

モールドクリーナーを使用した後の効果と感想

モールドクリーナーを使用したおかげで、靴内のカビはしっかり退治できました!


(靴の先に白っぽいのが見えますが、中敷きの映り具合で白く見えています。)

keta
keta
モールドクリーナーを使用した時はヨードの匂いがしましたが、乾燥させた後は靴内の嫌な臭いも消えて無臭です。

カビを発生させないために!カビ対策について

カビが発生した際の対処方法をご紹介致しました。

ただ、大切なのは革靴にカビを発生させないことです!

最後に簡単に革靴のカビ対策をご紹介したいと思います。

革靴にカビが発生する原因

そもそも何故カビが発生してしまうのでしょか?

カビが繁殖する条件は大きく3つあります。

  • 温度が20℃~30℃
  • 湿度が80%以上
  • 栄養分がある所

足の裏は汗をかきやすく、ビジネスマンは1日コップ1杯もの汗をかいているとも言われます。

その汗はカビの栄養分になり、たっぷりの汗を吸収している靴は湿気がこもり、靴内は風通しが悪いのでカビにとっては魅力的な環境です。

それでは、革靴のカビ対策はどうすればいいでしょうか?

keta
keta
革靴にカビを発生させないためには、カビが嫌がることをすれば良いのです!

帰宅したらブラッシング

帰宅したら、10秒で良いので革靴をブラッシングしましょう!


一日履いた靴には、汚れやホコリが付いています。

それらは靴を傷めますし、カビの栄養分なので、ブラッシングで落としましょう!

keta
keta
ブラッシングは必ずしていますので、靴の表面にカビが発生したことはありません。

革靴内の湿気を除去

湿気はカビの温床です。

靴を履いた後は除湿剤等を入れて靴内部の湿気を除去しましょう!

おすすめの除湿剤はドライペットのスピード吸湿です!


普通の靴用除湿剤と比較して、内容量がとても多いです!

値段もAmazonで334円程度とかなり安いのでおすすめです!

keta
keta
天日干しすれば繰り返し使えるのもコスパが良いです!
個人的マストバイ!

木製のシューツリーを入れる

除湿剤でしっかり湿気を除去したら、木製のシューツリーを入れましょう!

今回、他の革靴にもカビが生えていないか確認したのですが、木製のシューツリーを入れている革靴にはカビが発生していませんでした!

keta
keta
木製のシューツリーは湿気を吸収してくれるので、靴内部のカビ対策に効果的です!

プラスチックのシューツリーは湿気は取ってくれないので、使用する際にはしっかりと靴内部の湿気を除去してから使用しましょう!

たまにモールドクリーナーを使用する

モールドクリーナーは強力な除菌作用がありますので、たまに使用するだけでカビ予防になります!

keta
keta
毎回ではないですが、靴磨きをする際にモールドクリーナーをスプレーしています。

誤った革靴のカビ除去方法

革靴のカビ除去はモールドクリーナー一択です!

間違っても水拭きや、濃度の薄い消毒用アルコールは使用してはいけません!

keta
keta
かえってカビを大量発声させてしまうので注意しましょう!

まとめ

【革靴にカビが発生したらまとめ】

  • モールドクリーナーシート、スプレーを準備
  • まずはモールドクリーナーシートでカビを除去
  • 駄目押しでモールドクリーナーをまんべんなくスプレー
  • 風通しの良い場所で乾燥

革靴にカビが発生しているのを見ると焦ります。

ですが意外にカビの落とし方は簡単です!
まずはモールドクリーナーを準備しましょう!

モールドクリーナーを用意できれば、カビ除去の9割は終わりです。

モールドクリーナースプレーはカビが発生してなくても、革靴の除菌、カビ予防対策に一本持っておくことをおすすめします。

こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です