Marriott

【コロナ禍のリッツカールトン沖縄ラウンジレポ】客室でシャンパンが飲み放題!もしかして…ラウンジで飲むより最高かも!?


この記事では、リッツカールトン沖縄のクラブラウンジの体験談をご紹介します。

2021年の緊急事態宣言中での利用のため、クラブラウンジ内でアルコール提供が禁止等宇、ルールが平時とは若干異なっておりますが、参考になれば幸いです。

keta
keta
後述しますが、ラウンジでアルコール提供が禁止の代わりに、客室内のオーナーバーが飲み放題!
シャンパンも適用なので、私にとってはむしろ客室で時間無制限飲み放題のほうが良いかも!?

リッツカールトン沖縄のクラブラウンジの概要について

まず、リッツカールトン沖縄のクラブラウンジの概要をご紹介致します。

【リッツカールトン沖縄のクラブラウンジについて】

  • リッツカールトン沖縄のクラブラウンジを利用するには『ザ・クラブ・エクスペリエンス』を申し込む必要があります。
  • 『ザ・クラブ・エクスペリエンス』は事前に申し込み可能!
    (※人数制限があるため、利用したい場合は当日より事前に申し込みすることをおすすめします。
  • 料金は時期によって異なりますが、1名約10,000円~16,000円(税サ別)
  • 営業時間 7:00 a.m. ~ 10:00 p.m.
    1日5回のフードプレゼンテーション
    ・朝食 午前7時~午前10時30分
    ・軽食 午前11時30分~午後1時30分
    ・アフタヌーンティー 午後2時30分~午後4時30分
    ・オードブル 午後5時30分~午後7時30分
    ・スイーツ&コーディアル 午後8時~午後10時
    (※コロナ禍ではスイーツ&コーディアルはオードブルの時間帯に含まれてました。)

リッツカールトン沖縄に限らず、リッツカールトンブランドはマリオット ボンヴォイのプラチナエリート以上の特典である『クラブラウンジ利用』は適用外となっています。

クラブラウンジ内の雰囲気

それでは、リッツカールトン沖縄のクラブラウンジの雰囲気はどうでしょうか?

クラブラウンジの入口です。


落ち着いた雰囲気です。

keta
keta
平日に宿泊したからか、ラウンジ内は貸切状態でした。

個室もあります。

keta
keta
小さい子がいるからか、個室に案内していただけました。
mata
mata
ゆったりとしたソファー席で落ち着けてありがたいです。

美味しそうな泡盛の樽が!

黒糖や各種スナックは常備されてます。

沖縄のそれぞれの離島のさとうきび100%で作られた黒糖!

お酒にめっちゃ合うスナック!

keta
keta
この「ぴりんぱらん」と「しま豚ジャーキー」、「勝つお豆。」はビールに最高に合うのでおすすめです!
mata
mata
スタッフにお尋ねしたら、客室に持って帰っても良いとのことでした。

美味しい2種類のクッキーも用意されていました。
ソフトドリンク類はこちらです。

この瓶に入っているリンゴ、オレンジ、マンゴージュースがめちゃ旨です!

ラウンジチェックイン

『ザ・クラブ・エクスペリエンス』を事前に申し込んでいたので、ラウンジでチェックインしました。

個室に案内されて、ソフトドリンクを。
ソフトドリンクのメニューはこちら。

少し曇ってますが、個室からの景色はこんな感じです。

『ザ・クラブ・エクスペリエンス』利用者にはミサンガのプレゼント

『ザ・クラブ・エクスペリエンス』の利用者とわかるように、チェックイン時にミサンガのプレゼントがありました。

keta
keta
青を基調とした、お洒落なミサンガですね!
mata
mata
一応ラウンジ利用者の目印ですが、付けてなくてもラウンジ利用は利用できます。

リッツカールトン沖縄の5つのフードプレゼンテーションについて

次に、気になるリッツカールトン沖縄の5つのフードプレゼンテーションをご紹介していきます!

リッツカールトン沖縄のアフタヌーンティー

一番楽しみだったのがリッツカールトン沖縄のアフタヌーンティー!

伝統的なアフタヌーンティーに沖縄ならではの要素が含まれています!


上段

keta
keta
ペストリーシェフが贈るオリジナルレシピのスコーンは絶品!
mata
mata
このスコーンは、沖縄ならではのジャムやハチミツ、クロテッドクリームとの相性がばっちりです!!

中段

keta
keta
その季節ごとに旬を迎えるフルーツを使用したスイーツは、甘さ控えめで美味しい!

下段

keta
keta
下段は全体的に塩気があって、紅茶よりシャンパンの方が合う気がします!!
ラウンジで飲めないのが残念でした…
mata
mata
お酒そこそこな私でさえも、この下段のスイーツにはシャンパンと合わせたいと思いました。
特に右のトリュフを利用したムースは、もうシャンパン専用かと思うくらい濃厚で美味しかったです!

リッツカールトン沖縄のアフタヌーンティーはどれも絶品!

落ち着いたホテルのラウンジで楽しむアフタヌーンティーは最高ですね。

これだけで、『ザ・クラブ・エクスペリエンス』を申し込んだ価値があると感じました。

余談ですが、カフェラテは牛乳とエスプレッソがしっかりと2層に。
地味に好きなカフェラテのポイントです。

オードブルとスイーツ&コーディアル

コロナ禍のため、オードブルとスイーツ&コーディアルは同じ時間に提供されました。

オードブルの一品料理。 立派な生ハムの原木!宿泊記でも紹介しましたが、特別に赤ちゃん用に離乳食を作って頂けました。

【リッツカールトン沖縄宿泊記】子連れでのベイデラックスルームの感想は!?子どもへの気遣いに感動しました! 憧れのリッツカールトン沖縄にマリオットのポイントで宿泊しました! リッツカールトンブランドに宿泊するのは、香港、東京に続き、3...

スイーツ&コーディアル

このアニバーサリプレートもサプライズでした。
その他、チョコムース等のスイーツも用意されてました。

グスクでの朝食

『ザ・クラブ・エクスペリエンス』利用者はグスクでのブッフェ形式の朝食か、ラウンジでの和・洋のモーニングプレートを選択できます。

keta
keta
種類が豊富なのはグスクでのブッフェです。
せっかくなのでグスクでの朝食を選択しました。
mata
mata
グスクでは他のお客様もいらっしゃいましたので、写真撮影は控えています。
公式HPより写真を引用していますので、雰囲気が伝わればと思います。

グスクは天井が広く、ゆったりとした空間です。

沖縄県産の食材を沖縄料理、和食、洋食で楽しめる朝食ブッフェ!
日替わりのちゃんぷるーや焼き魚、オーダー制のライブキッチンに、フレッシュジュース等が用意されています。

keta
keta
朝食はグスクにして正解でした!
様々な沖縄料理が楽しめて、もちろんお味も美味しい!!
mata
mata
にんじんしりしりやかぼちゃの煮物等、1歳児くらいなら食べれそうなおかずがあったのも嬉しいです。

軽食

5つのフードプレゼンテーションの最後は軽食です。

keta
keta
「軽食」ですが、十分お腹いっぱいになれる料理が用意されています。
  • リッツカールトン沖縄のクラブラウンジ内に設けられたテラスでは、シェフズライブステーションが併設されてます。
  • 軽食では日替わりで、石窯で焼き上げた手作りピザや、黒毛和牛のお料理、新鮮な野菜とシーフードなどをふんだんに採り入れたバーベキュースタイルのグリル料理などが提供されます。

こちらがシェフズライブステーションです。

私たちの日は、バーベキュースタイルのグリルでした!

その他、フォアグラのテリーヌ等、ボリューム満点な軽食が用意されています。

軽食ではお子様メニューもあります!

また、軽食ではお子様メニューも用意されていました。

せっかくなので、1歳児でも食べれそうな納豆巻きと、うどんを味薄めでお願いしました。

keta
keta
普通に美味しそう!
リッツカールトンの納豆巻き…なんか凄そうですね笑
mata
mata
うどんも丁度良い薄味で、更に麺は食べやすいよう細かくされてました。
こういう気遣いが本当に嬉しいです。

【緊急事態宣言中のみ】客室のオーナーバーが飲み放題!!

コロナ禍では、ラウンジでのアルコール提供が禁止の代わりに、客室のオーナーバーが飲み放題のサービスが提供されてました。

keta
keta
想像してみてください、素敵な客室でシャンパン飲み放題…
もうね…最高です。

オーナーバーの内容はこちらです。シャンパンがある!!

リキュール類。注目してほしいのが、右から2つ目のラムです!

keta
keta
このラムは、沖縄で作られている『イエラム サンタマリア』という銘柄です。
なかなか珍しいので、是非機会があればお試しください!
mata
mata
リキュール類なんてどこのホテルも同じだと思ってました。
流石リッツカールトンはひと味違うなと感じました。

私はお酒大好きなので、このオーナーバー飲み放題は本当に天国でした!

こんな『なみなみシャンパン』もできちゃいます!

keta
keta
シャンパンやビール等、正直な本数を書いたら引かれるくらい飲んだ気がします…

最後に

リッツカールトン沖縄のクラブラウンジ体験談でした。

香港、東京に続きリッツカールトンに宿泊するのも3つ目ですが、本当に宿泊して良かったなと思えるホテルです。

スタッフのサービス、提供される料理、そしてアルコール類…どれをとっても最高です。

今回は急遽宿泊を計画したため1泊しかできませんでしたが、次回は連泊で利用したいと思います!

こちらの記事もお勧め!