SFC修行

2018年ANA SFC修行part4:二度目の羽田-宮古往復。ANAラウンジ慣れたもんですよ。

今日は2018年SFC修行4回目、ANAプレミアムクラスで羽田ー宮古島を日帰り往復します。

羽田ー宮古島日帰り往復も今回が2度目。

きっとCAさんのお帰りもご一緒ですね攻撃に耐えられるはず・・・笑

SFC修行も早いもので全5回の修行のうち、今日で4回目が終わります。

上記の記事で私の2018年SFC修行をまとめましたが、修行回数、PP単価で考えた場合なかなか効率的にできたのではないかと考えます。

SFC修行を何について重視するかで修行の仕方は違うと思います。

私は”楽しく”かつ”効率的”を重視してSFC修行を考えました。

その結果考えてたのはプレミアムクラスでの沖縄路線とOKA-SYDタッチです。

そのメリットは、

  • 修行回数はたったの5回!
  • 平日の休みは3連休に合わせれば1日取るだけで良い!

私は比較的有給が取りやすかったので、贅沢に一泊旅行とかしていますが、少ない回数でかつ、休暇を取りずらい方にも上記のSFC修行はおすすめです。

沖縄路線、特に宮古島路線のプレミアムクラスは取得プレミアムポイントも片道3,295ポイント、PP単価も2018年1月では8.19と高ポイント、良PP単価という路線です。

プレミアムクラス那覇路線は若干値上がりをして、最安でもPP単価8.74でした。

私は最初から一撃25,000ポイントを獲得できるOKA-SYDタッチを考えていました。

残り半分をどうしようかと計算したときに、羽田ー宮古島を3往復、羽田ー那覇を1往復でちょうど25,000ポイント達成でき、これしかないと考え、予約初日にパソコンに張り付いて予約しました。

石垣路線も獲得PPは宮古島よりも高く、狙い目な路線です。

しかし、那覇、宮古島、石垣3路線の組み合わせで25,000ポイントを獲得する際、高すぎる獲得PPが無駄だったのでSFC修行に取り入れませんでした。

石垣路線を入れても良かったのですが、若干宮古島よりも費用がかかるので、費用対効果の点で今回は見送りました。

ただ石垣島は、まだ結婚する前に妻と旅行に行った思い出の場所なので、SFC会員になってから必ず行きたいと思います。

今回のSFC修行を終えれば次は最後であるOKA-SYDタッチ。

ANAのプラチナ会員が見えてきました!

ところで、羽田国内線ANAラウンジに入るのも今回で4回目です。

初めての時は、「じ、自分なんかがラウンジに入っていいんですか?あっ席どうしよう・・・すみませんすみません。」

という感じでしたが、人は慣れてしまうんですね。

今では、「はいプレミアムチェックイン終了、ラウンジのQRコードピッとね。さてどこ座ろうか・・・おっ端空いてる。さーてまずはやっぱりビールだな。」

慣れって怖いです笑

でもいかなる時も紳士にですね。

お酒は飲んでも飲まれるなです。無料だからって飲みすぎてご迷惑をかけるのはとても恥ずかしいので、ラウンジでは気をつけています。

2月になって国内線プレミアムクラスの日本酒が変わります。

1月からメニューには記載されていて、すごい気になっていたので本日早速飲みたいと思います。

こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です