スーツ・革靴

【レビュー】麻布テーラーで評判の良いジャージージャケットを仕立てた感想は!?【口コミ】

最近流行のジャージー素材のジャケットが気になり、麻布テーラーで思い切ってオーダーしてみました!

ジャージー素材のジャケットって、麻布テーラー公式のブログでは皆良い評価しかないですよね。

公式ブログなので、悪い事なんて書けない…大人の事情もあると思いますが、購入者としては本当の感想が聞きたいはずです。

なので、人柱としてジャージージャケットをオーダーしてみましたので、その感想をお伝えできればと思います!

この記事では、ジャージー素材のジャケットを仕立てて感じた良い点、悪い点と、着心地、実際に仕立てたジャージージャケットを画像と共にご紹介致します。

【着てみた画像付】麻布テーラーでスーツを作ってみた!お勧めオーダー方法と注意すべきポイント3つを徹底解説!この記事では、麻布テーラーで初めてスーツを作る方のために、是非知っておきたいポイントを解説します! 自分だけの一着、オーダースーツ...

ジャージー素材とは

最近雑誌等で紹介されているジャージースーツ。
そもそもジャージー素材って何なの?という方へ。

【ジャージー素材とは】

  • 織物ではなく、編み物の生地
  • 伸縮性が高く、しわになりにくい。
keta
keta
織物と編み物で何か変わるの?と思いますよね。結構与える印象が変わるので、下の画像をご参考ください。ウール等の生地で作られているスーツは「織物」です。

(織物:ウール素材)

(編み物:ジャージー素材)

【与える印象】

  • 織物(ウール等)→ かっちりした印象。
  • 編み物(ジャージー)→ カジュアルな印象。
keta
keta
大きく分けるとこんな感じです。大切な場面ではジャージー素材は避けた方が無難かもしれません。

実際に仕立てたジャージージャケット

それでは麻布テーラーで実際に仕立てたジャージージャケットをご紹介します。

書家の紫舟さんの文字がカッコいいガーメントバック。

三つ折り式なので、コンパクトになります。
出張等に便利。

ジャケットはこんな感じです。

吊るしてみると


keta
keta
光の加減でだいぶ色合いが変わって見えますが、濃紺、無地の生地を選びました。

裏地は背抜き

ジャージー素材の場合、麻布テーラーでは裏地は背抜きのみです。

keta
keta
背抜きなので、裏地は少し派手目に紫にしちゃいました。

ラペル

ラペルはノッチドラペルにしました。

keta
keta
ノッチドラペルはやっぱり定番。

【ラペル(下襟)の種類】

  • ノッチドラペル
    下の画像の赤〇の部分が下斜めになっている形のもの。
    シングルスーツの定番です。
  • ピークドラペル
    襟の先が鋭角で先が上に向いている形のもの。
    ダブルのスーツに多い形です。基本、役職の高い人が着る物とされています。

ポケット

ポケットは今回、少し挑戦してフラップ無しのアウトポケットにしてみました。

keta
keta
フラップがないとかなりカジュアルな印象になりますね。ジャケパンで着る前提なので、少し遊んでみました。

ボタン

ボタンはオプションで水牛ボタンにしました。(追加費用3,500円(税抜き))

keta
keta
ボタンは水牛にすると高級感が違います。

本切羽

ボタンホールは本切羽で。

keta
keta
せっかくのオーダーなので本切羽はゆずれません。

ベント

ベントはセンターベント。

keta
keta
個人的にはセンターベントのほうがジャケパンには合うと思います。

ジャージージャケットの注意点

ジャージー素材は編み物なので、通常のスーツとは違う注意点がありますので、ご紹介します。

長期間ハンガーに掛けていると伸びが生じる

keta
keta
シーズンが過ぎたら、畳みで保管するべし。

ちなみに参考ですが、ジャージー素材はコットン100%です。

麻布テーラーの注文の流れ

麻布テーラーでの注文の流れは、基本的にスーツのオーダーと同じです。

  1. 最初に生地を選ぶ。
  2. ラペル等のデザインを決める。
  3. ボタン等の各種オプション
  4. 採寸

生地選びの不満点

これはスーツの時も思ったのですが、麻布テーラーでは生地を選ぶ際に、参考にする生地のサイズが小さいんですよね・・・

(参考:GRAND MARQUIS)

keta
keta
ジャージー素材の場合、上記の画像より小さい生地で選ぶ必要がありました。

イメージとしては、本当にこれくらいの大きさです。

keta
keta
小さい生地と大きい生地では印象がかなり変わるので、この点は改善してくれたら嬉しいです。

価格

今回掛かった価格は50,220円です。

(レシートを捨ててしまったのでクレジットカードの画像です。)

【内訳】

  • 生地代:40,000円
  • 水牛ボタン:3,500円
  • 本切羽:3,000円

着心地

ジャージージャケットの着心地は、とにかく楽!これに尽きます。

普段のスーツのジャケットよりウエストを絞られているのですが、ジャージー素材は伸縮性があるので全く気になりません。

もちろんジャージーとは思えないしっかりとした作りなので、職場でも問題なく着られることもポイントですね。

良い点

  • 着心地が楽
  • しっかりとした作り
  • しわになりにくい
  • オンオフ使える
keta
keta
休日はジーンズと合わせて着ちゃってます。かなりヘビーローテーション。

悪い点

  • 毛羽立ちが目立つ
  • ブラッシングできない
  • ホコリが付きやすい?
  • 2,3年で型崩れしそう・・・

これは個人的に感じた点です。

色が濃紺ということもあり、ホコリが付くと目立つんですよね・・・

普通のスーツであればブラッシングすれば取れるのですが、ジャージー素材はブラッシングできず、服用のコロコロで取っています。

ただ、かなり優しくコロコロしていますが、どうしても生地にダメージになり、毛羽立ってきちゃうなぁと感じます。

keta
keta
本来、ブラッシングが服のホコリを取り、毛並みを揃えてスーツを長持ちさせる行為ですが、ジャージー素材ではブラッシングできないのが難しいですね。

ジャケット自体も、大切に来ているつもりですが、数年で型崩れしちゃいそうな気がします・・・
寿命はどうしてもありますが、ウール等の生地と比べて、コストパフォーマンスが悪いかもしれません。

感想

ジャージージャケットを仕立ててみた感想ですが、総合的に満足はしています。

ジャケパンで職場でも問題なく着れて、尚且つ楽!というのは良いですね。

今回はかなりカジュアルよりに仕立てて、オフでも着れるようにしたので、かなり酷使されています笑

着心地は非常に楽ですし、しわになりにくいので、特に出張が多い方には一着あると便利だと思います。

ただ逆に、2着はいらないかなーというのも正直な感想です。

個人的には、ジャージー素材はどうしてもカジュアル、かっちりしないので、ズボンまでジャージーにしてしまうとやり過ぎな気がしてしまいます。

ジャケットで一着持っていると、汎用性が高く便利です。

【ジャージージャケットの感想】

  • トラベルジャケットに最適
  • 一着あれば十分かも
  • 持っていなければ、仕立てる価値有り!
こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です