Spgアメックス

【裏技?】Spgアメックス継続特典を利用して60,000ポイント以上のホテルを予約できた話

Spgアメックスカードには毎年カードを更新すると50,000ポイント分のホテルに宿泊できる特典があります。

偶然ですが、このSpgアメックス継続特典の50,000ポイントと、保有しているポイントを合算して、60,000ポイント必要なホテルを予約することができました。

これがシステムの不具合でたまたま可能だったのかわかりませんが、参考までにご紹介致します。

Spgアメックスカード継続特典

Spgアメックスカードというクレジットカード(年会費税込33,480円)には毎年カード更新ごとに50,000ポイント以下のリッツ・Spg・マリオット系列のホテルに宿泊することができる特典があります。

無料宿泊できる人数は2人まで可能です。

ホテルによっては一泊3万円以上の価格でも無料で宿泊できますので、年会費の元は簡単に取ることができます。

更にSpgアメックスカードは持っているだけで、マリオットリワードのゴールドエリート会員になることができます。

ゴールドエリートなら、ホテルのアップグレードやレイトチェックアウト(14時まで)等の特典がもらえますので、毎年1回は旅行する方には持っていて損ではないカードです。

宿泊可能なカテゴリー

宿泊可能なマリオットカテゴリーは画像の黄色で塗りつぶしています。

f:id:ketamata:20190104005214j:plain
  • オフピークによってはカテゴリー7のホテルも宿泊可能。
  • 国内でカテゴリー7は、リッツカールトン大阪やリッツカールトン沖縄等。
  • リッツカールトン大阪は安くても一泊40,000円を超えるので、年会費以上の元が取れる。
f:id:ketamata:20190104020740p:plain
f:id:ketamata:20190104020745p:plain

継続特典の注意事項

とてもお得に見えるSpgアメックスカードの継続特典ですが、少し注意しないといけない点があります。

  1. ポイント宿泊が可能な部屋に空きがあること。
  2. 電話でしか予約できない。
  3. 50,000ポイント以下のホテルで使用しても、差額ポイントは帰ってこない。
  4. 継続特典50,000ポイントに保有ポイントを合算して予約は不可。

それぞれご説明します

1番:ホテル側に部屋の空きがなければ使用することはできません。

2番:継続特典の予約方法はインターネットやアプリではできず、リッツ・マリオット・Spgデスクに電話をして予約する必要があります。

3番:例えばカテゴリー5のスタンダードの時期(必要ポイント:35,000)の宿泊に使用したとしても、差額の15,000は返ってきません。
出来る限りSpgアメックスカードの継続特典は50,000ポイント必要なホテルに使用するのがお得です。

4番:Spgアメックスカードの継続特典50,000ポイントに、元々保有しているポイントを合算して使用することはできません。

今回のケース

Spgアメックスカードの継続特典50,000ポイントに元々保有していた10,000ポイントを合算して、60,000ポイント必要なリッツ・カールトン香港を予約することができました。

f:id:ketamata:20190104005303p:plain

上の写真を解説しますと、Spgアメックスカードの継続特典で予約した後、予定変更でキャンセルしたら50,000ポイントが付与された状態です。

これは謎ですね・・・

f:id:ketamata:20190104005313p:plain

その後、リッツ・カールトン香港をポイントで予約できています。

私はこの時元々60,000ポイント以上持っていましたが、仮に10,000ポイントしか持っていなかった場合も、1枚目の画像で50,000ポイントが付与されているので予約することができます。

ちなみにキャンセルだらけですが、これは香港旅行が台風で欠航になってしまったからです。泣

【ANA】注意!特典航空券での悪天候が理由の振替は、特典航空券の席数の範囲までです。

考えられる原因

2018年9月がちょうどリッツ・カールトンとSpg、マリオットの統合時期だったので、デスクの人のシステム修正ミスだったのかなと思います。

恐らく現在はシステムが修正されて、Spgアメックスカードの継続特典をキャンセルしても50,000ポイントが付与されることはないと思います。

珍しい現象だったのでブログのネタにしてみました。

申し訳ございませんが、試すのは自己責任でお願いします。m(_ _)m

こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です