京都

【茶寮 八翠】和のアフタヌーンティー堪能記【翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都】

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都に宿泊した際に茶寮 八翠の和のアフタヌーンティーを堪能しました。
和のアフタヌーンティーのメニューや価格、予約方法、茶寮 八翠からの嵐山の風景を画像を交えてご紹介したいと思います。

 茶寮 八翠

茶寮 八翠とは翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都内にあるカフェです。
f:id:ketamata:20181228234727j:plain
かつては亀山離宮の桟敷殿が存在したといわれ、築100年を超える歴史的建造物 旧「八賞軒」を改装している歴史あるカフェです。

和のアフタヌーンティー

嵐山の風景を眺めながら甘味と軽食を楽しむことができるとても贅沢な時間です。

11時、13時、15時の3部制で、それぞれ90分間楽しむことができます。
毎月様々な有名店とコラボをしていて、11ー12月は1755年創業の菓子司「俵屋吉富」とのコラボレーションでした。

予約方法・価格

予約方法は2018年12月現在、3つの方法があります。

  1. 公式HPから予約
  2. オズモールから予約
  3. ソウエクスペリエンスから予約
それぞれの特徴と価格をご説明します。

公式HPから予約

最も間違いがない予約方法です。

価格は1名4,200円に消費税とサービス料15%が掛かります。

特別な特典はありませんが、マリオットステータスがゴールドなら15%割引プラチナエリートなら20%割引されます。

オズモールから予約

価格は1名4,989円(税・サ込)。オズモールは税込みとサービス料が価格に組み込まれているので明朗会計です。

オズモールの特徴としてはプランが2つあることです。

  • 老舗の抹茶1杯付
  • 15時からの予約なら老舗の抹茶1杯付に更に2時間滞在可能
オズモールからの予約なら15時の回であれば、時間を気にせず楽しめることができますね。

ただ、私たちは13時の時間で予約しました。確かにラストオーダーの飲み物は90分過ぎに聞かれましたが、普通に15時直前までゆっくりできました。

次の会が満席なら厳しいかもしれませんが、実はそこまで時間を気にしないで大丈夫かもしれません。

ソウエクスペリエンスからの予約

価格は2名で10,500円に消費税が掛かります。

事前にチケットを購入して、当日茶寮 八翠で渡すだけですので恐らくサービス料は掛からないと思います。

特徴としては食前酒で抹茶かシャンパンが付きます。

グラスシャンパンは一杯2,500円するので大変お得ですね。

ただし、ソウエクスペリエンスの特典を受けるにはチケットが必要です。
ソウエクスペリエンスはお世話になった方やお祝い事に送るギフトチケットの会社です。
少し手間と時間がかかりますが、事前に自分宛に注文をしておく必要があります。
ソウエクスペリエンスの紛らわしいところは、予約方法自体はホテルに直接電話をする必要があります。
チケットがあっても、行きたい時間が空いていなければ利用できない点に注意が必要です。

お勧めの予約方法は

3つともメリットがありますが、SPGアメックスカードをお持ちの方なら公式サイトからの予約をお勧めします。

オズモールの予約は老舗の抹茶が付きますが、普通に注文しても一杯840円です。

公式サイトから2名予約すると、税・サービス料込で約10,000円ですが、SPGアメックスカードを持っていればマリオットリワードのゴールドエリートとなり、15%割引されます。

追加で抹茶を注文しても、公式サイト、オズモールどちらの予約でも変わらない金額になります。

また和のアフタヌーンティーでは美味しい様々なお飲み物がありますので、せっかくならドリンクメニューから選ばれるのをお勧めします。

もし宿泊されるなら、例えばチェックアウトしてから翡翠もちと抹茶でカフェするのも良いですね。
ソウエクスペリエンスはシャンパンが一杯無料は興味が惹かれますが、事前にチケットを購入する必要があり、少し手間かなと思います。
それに宿泊者にはシャンパンが何杯でもお替り無料の「シャンパンディライト」というイベントがありますからね。笑

メニュー

f:id:ketamata:20181228234651j:plain
f:id:ketamata:20181228234653j:plain f:id:ketamata:20181230125110j:plain

f:id:ketamata:20181230121424j:plain
インスタ映えを狙うならテラス席をお勧めします。

保津川とアフタヌーンティーセットとの写真がインスタ映え間違いなし!
f:id:ketamata:20181228234705j:plain

f:id:ketamata:20181229152024j:plain
店内だと窓側の席でもどうしてもガラスに反射して少し微妙になってしまいます。

ただ、冬のテラス席は寒いです。

私たちは昼で太陽が出ていたので最初の30分くらいは気持ちよく楽しめたのですが、やはり段々と寒くなってきて店内に移動させて頂きました。

f:id:ketamata:20181228234702j:plain

最後に

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 茶寮 八翠の和のアフタヌーンティーは、アフタヌーンティーを目当てに来られる方もいます。

13時の時間帯は店内は満席になるくらい賑わっていました。

是非、嵐山に観光する際には足を運んでみてはいかがでしょうか。
素敵な旅の思い出に残ることと思います。
こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です