Spgアメックス

【ザ・リッツ・カールトン香港宿泊記】スイート一歩手前!クラブグランドビクトリアハーバールームのお部屋レポ

香港マカオ最終日は今回の旅行の一番の楽しみ、リッツ・カールトン香港に宿泊しました。

keta
keta
SPGアメックスカードのポイントで宿泊!更にマリオットプラチナ効果で超アップグレードしてもらえました!
mata
mata
なんて贅沢・・・私たちの年収で憧れのリッツ・カールトンに泊まれるなんて夢みたいです。
keta
keta
今回の香港マカオ旅行で泊まったホテルって全部豪華だよね。最後の目玉、リッツ・カールトン香港のお部屋をご紹介します。

ザ・リッツ・カールトン香港とは

ザ・リッツ・カールトン香港とは、ホテルグループ『Marriott Bonvoy』の中でも最上位のブランドのホテルです。

その中でもザ・リッツ・カールトン香港の客室は高さ490mにあり、世界一高いホテルとして有名です。
ホテル価格が高い香港の中でも1、2を争う5つ星ホテルです。

keta
keta
東京タワーよりも高いところで寝泊まりするなんて凄い!
  • ザ・リッツ・カールトン香港は世界一高いホテル
  • マリオットカテゴリーは最高の『8

アクセス

ザ・リッツ・カールトン香港は九龍半島にあり、エアポートエクスプレス、香港MTRの『九龍駅』直結でアクセスは簡単です。


『九龍駅』は商業施設International Commerce Centre (ICC)に直結しています。
ザ・リッツ・カールトン香港はICCの102階から118階にあり、ビクトリアハーバー、香港島、新界地区の壮大な景色を見ることができます。

私はマカオからフェリーで『上環駅』に到着し、香港MTRで一駅隣の『中環駅』に行き、駅間連絡通路で『香港駅』まで移動して『九龍駅』に行きました。

keta
keta
『中環駅』から『香港駅』までの徒歩の移動は、東京駅で京葉線に移動するのと同じくらいの距離でした。
keta
keta
ICC内は案内があるので安心。
ザ・リッツ・カールトン香港のエントランス

クラブグランドビクトリアハーバールーム

今回宿泊した部屋は『クラブグランドビクトリアハーバールーム』です!

元々予約していたのはマリオットポイントで無料宿泊できる『デラックスルーム』です。

リッツ・カールトン香港からのオファー

マリオットポイントで無料宿泊を予約すると、リッツ・カールトン香港からメールで連絡がきます。

リッツ・カールトン香港からのオファー内容

  • 2,100HKD+サービスチャージ10%でクラブラウンジが利用可能になる『クラブデラックスルーム』へ変更可能。
  • 1,800HKD+サービスチャージ10%で『グランドビクトリアハーバールーム』へ変更可能。(クラブラウンジ利用不可)
  • 4,900HKD+サービスチャージ10%で『デラックスビクトリアハーバースイート』へ変更可能。

私たちはクラブラウンジを利用したかったので、2,100HKD+サービスチャージ10%(約32,000円)でクラブデラックスルームに変更してもらいました。

そこから更にマリオットプラチナエリートによるアップグレードで『クラブグランドビクトリアハーバールーム』に!

keta
keta
スイートを除けば一番良い客室!普通に泊まるなら一泊8,000香港ドル(約112,000円)。差引6,900香港ドルもお得に!

客室紹介

それでは『クラブグランドビクトリアハーバールーム』の客室のご紹介をします。
今回宿泊した部屋は117階。
最上階の118階はジムやプールなので、世界一高いリッツ・カールトン香港の中でも最も高い階の客室になります。


雰囲気のある廊下を歩き、ドアを開けるとまずビジネスデスクがあります。


ビジネスデスクにはiPodと専用ポータブルスピーカーが用意されていて、何時でも音楽を流すことができます。
iPodには洋楽やクラシック等、様々な音楽が入っていました。

更に進むとキングサイズのベッドとソファーが2つも用意されています。

コーナー側から客室を見た写真です。
部屋の広さが65平米もあると逆に落ち着かないですね笑

客室からの景色

それでは客室からの景色をご紹介します。

keta
keta
残念ながら日中は曇りだったので写真映えが微妙・・・でも雲と同じ高さに居ると思うと貴重な体験でした。


窓からの景色です。香港の街並みとビクトリアハーバーを眺めることができます。

mata
mata
肉眼だともう少し綺麗に見えます。

客室からのシンフォニー・オブ・ライツ

ビクトリアハーバーに面しているので、夜はシンフォニー・オブ・ライツを部屋から眺めることができます。

keta
keta
世界一高い部屋から見る香港100万ドルの夜景・・・なんて贅沢なんでしょう。
mata
mata
初日に泊まったルネッサンス香港ホテルと比べて、やっぱりリッツ・カールトン香港からの景色のほうが綺麗!

客室からの夜景

夜景は天気に左右されないのでとても綺麗です。


見下ろすとWホテルが見えます。

ターンダウン後は部屋のコーナーの部分にクッションが用意され、より間近に香港の夜景を楽しむことができます。

keta
keta
客室からの夜景が素敵すぎて眠るのが勿体なかったでした。
mata
mata
私が寝た後もラウンジに飲みに行ってたよね。

ミニバー




リッツ・カールトンのペットボトルがお洒落です。
ミニバーの中身も普通のホテルよりも質の高いものばかりでした。

バスルーム

セントレジスマカオ同様、洗面台が2つあります。
洗面台が2つあると朝の準備等が楽ですね。


バスルームとシャワールームが別で用意されています。

アメニティはリッツ・カールトンといえばの『Asprey』

『Asprey』とはビクトリア女王から最初のロイヤル・ワラントを授与された、1800年代から続く英国王室御用達のブランドです。


あると嬉しいバスソルト。
浴槽は十分な広さなので、ゆっくり湯に浸かって疲れが取れました。

ザ・リッツ・カールトン香港宿泊の必要マリオットポイント

ザ・リッツ・カールトン香港はマリオットカテゴリーは最高の『8』です。
宿泊するために必要なマリオットポイントは、以下の通りです。

  • スタンダード:85,000ポイント
  • オフピーク:70,000ポイント
  • ピーク:100,000ポイント

参考までに、それぞれのマリオットカテゴリーの必要ポイント数をまとめました。

2019年3月からMarriott Bonvoyに名称が変わり、カテゴリー、必要ポイントが変更になりました。

クラブフロア特典

クラブフロアの特典は以下のものがあります。

  • クラブラウンジ24時間利用可能
  • プレスサービス(一日2枚まで)
  • クラブカー
    (ホテルから九龍エリアまでの片道無料送迎サービス。AM7時~PM10時30間)
  • ザ・ラウンジ&バー(102階)での朝食が一人175香港ドル+10%で利用可能

日本語の案内も貰えます。

keta
keta
クラブカーで尖沙咀に行くのもいいなーと思ってたのですが、ラウンジや部屋が良すぎて結局使いませんでした。

ザ・リッツ・カールトンはクラブフロアに宿泊しないとラウンジは利用できない!(例えマリオットチタンエリートでも利用できません。)

マリオットプラチナエリート特典

知らなかったのですが、マリオットプラチナエリートだと更に特典がありました。

  • スパでの利用時間延長
  • 世界一高いバー『OZONE』で一人一杯無料

『OZONE』でカクテル一杯無料

マリオットプラチナエリートの特典でバーOZONEのカクテルが一杯無料なので行ってみました。

リッツカールトン香港のバー『OZONE』は世界一高いバーとして有名。

どちらかというとクラブ寄りな雰囲気でした。

メニューはこんな感じです。

せっかくなのでカクテルを。

なかなかアルコール度数が高い感じでした。

keta
keta
味は普通です。妻の分まで飲んだので結構酔っ払いました笑

最後に

『クラブグランドビクトリアハーバールーム』に泊まれて、ラウンジやバーOZONEで食事やカクテルを飲んでも、掛かった費用はクラブフロアへの変更料宿泊代の2,100香港ドルと10%のサービス料のみです。

香港マカオ旅行最後のホテルをザ・リッツ・カールトン香港にして本当に良かったです。

今まで宿泊したホテルの中で客室、料理、サービス全てが一番!
こんな素敵なホテルに宿泊できたのも、SPGアメックスカードのおかげです。

【ラウンジレポ】行かなきゃ損!ザ・リッツ・カールトン香港のクラブラウンジをご紹介!ザ・リッツ・カールトン香港のクラブラウンジを徹底解説! アフタヌーンティーからカクテルタイム、朝食までクラブラウンジの全てを画像付きでご紹介致します。 特にアフタヌーンティーで食べたスコーンは絶品!食べなきゃ勿体ないです。...
こちらの記事もお勧め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です