ハワイ挙式

ハワイ挙式その1【ゲスト・挙式日の決定】

ハワイ挙式までのスケジュールプランニングを参考までにまとめたいと思います。

是非、これからハワイ挙式を計画しようと思っている方に参考にしていただければ幸いです。

当日のゲストについて

私たちがハワイ挙式について本格的に計画を練りはじめて、まず第一に決めたのが、ハワイ挙式に呼ぶゲストについてです。

私達は当初、お互いの家族と親友を2人招待しようと考えていました。

ちなみに私の兄と姉は結婚していて子供もいましたが、一緒に来ていただけました。

意外と難しい挙式日の設定

ハワイ挙式を計画する上で意外と大変だったのが、 ゲストの予定を考慮した挙式日の決定でした。

結論から言いますと、親友のスケジュールまで考慮することができず、親友についてはハワイ挙式には参加せず、帰国後の1.5次会に参加してもらいました。

なぜこうなったかといいますと、やはりお仕事の関係で休みを取ることができなかったからです。

ハワイの旅程は最低3泊5日が必要になります。

羽田、成田のフライトは夜ですので、仕事終わりに出発するとして土日を含めて、最低2日は平日に休みを取らなければなりません。

ハワイ挙式を計画する方は、是非周りの方がお休みを取れるか、また取れるならどの時期かを事前に聞いておくことをお勧めします。

 私達は一度11月に計画したのですが、身内にどうしても外せない予定がある方がいて、急遽2月に延長することにしました。

2月は私達含め全員に大きな予定がなく、無事ハワイ挙式の計画第一段階である挙式日を決めることができました。

ハワイ挙式は何月が良いか

ハワイ挙式は何月がお勧めかといいますと、答えはいつでもです。

ハワイは常夏の国ですので、いつ挙式をしても素晴らしいものになると思います。

ですが、常夏といっても多少の雨季があります。

だいたい10月~3月が雨季にあたります。

私達が挙げた2月は雨季のなかでも更に若干寒い時期です。

それでも現地ではTシャツに半ズボンで大丈夫でした。

2月挙式にはデメリットだけでなく、メリットもあります。

それはオフシーズンなので、旅行費用を安く済ませることができることです!

挙式当日の天気

私達の 挙式当日の天気については移動中に雨が降りましたが、幸い撮影中や挙式中は晴れて、とても思い出に残る挙式を挙げることができました。

雨季といってもハワイの雨は降ってもすぐに止みます。

天気だけはその日になってみないとわかりませんが、たとえ雨だとしてもハワイの雰囲気の中なら素敵なものになると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です